男のちょい漏れ、対策製品出そろう セルフケアも有効

pose_shock_ojisan-500朝日新聞デジタル 11月2日(月)20時8分配信

トイレで尿を出し切ったはずが、後で漏れてきた――。そんな中高年男性の悩みに応えるケア製品の開発に衛生用品メーカーが力を注ぎ、この秋、大手の製品がほぼ出そろった。使いやすさを追求して各メーカーが工夫を競っている。命に関わらないことが多いが、「症状によっては重大な病気も」と医師は受診を勧めている。


初めての失敗にショック

 関西地方で観光ガイドのボランティアをしている68歳の男性は2年ほど前、外出間際に自宅でトイレを済ませ、ふとズボンを見て驚いた。

 太もものところに縦に2、3筋、尿でぬれた跡があり、色が変わっていた。すぐに着替えて出かけたが、ショックだった。以来、用を足した後は毎回、1分間は便器の前から動かず、尿漏れに細心の注意を払っている。

 初めての“失敗”を思い出すと今でも恥ずかしく、情けない。なので妻はもちろん、周囲の誰にも明かしていない。「お客様を連れた外出中でなくて良かったが、今後を考えると不安。尿漏れを防ぐ商品の広告が目に付くものの、自分の老化を認めるようで、とてもじゃないが買えません」

 これは「排尿後尿滴下」といい、50代以上の男性では3人に1人が経験しているともいわれる。男性は女性に比べて尿道が長く、前立腺肥大などの影響で尿道にとどまった尿の一部が衣服を整えた後に漏れ出すことがある。意思に反する失敗と感じ、自尊心が傷つく人もいる。

 東京都の会社員男性(44)は1年ほど前から、突然襲ってくる激しい尿意を我慢できなくなった。仕事で客先へ出向く前などは何度でもトイレに行く。それでも過去に1度、トイレに間に合わずに漏らしてしまい、グレーのズボンに出来た大きな染みをコートで必死に隠した。事情を知る同僚に「女性用パッドを使う人もいるらしい」と耳打ちされたこともある。「試してみたいが、店頭で自分で買うのは恥ずかしい」

 尿失禁は長らく女性の悩みととらえられてきた。40代以上の3人に1人、出産した女性の4割が「尿漏れ経験あり」といった実態が世間に知られるようになったのは約10年前。その後、くしゃみした折に腹に力が入って漏れる「腹圧性尿失禁」、突然の尿意が我慢できない「切迫性尿失禁」などへの理解が深まった。衛生用品メーカーは女性向け尿取りパッドの開発を競い、市場は伸び続けている。

市場規模は3倍

 一方、男性専用品が出てきたのは昨春以降だが、今年10月には主要メーカー5社の製品が出そろった。各社は「ちょい漏れ対策」などと呼んで宣伝に力を入れる。

 生理用品から発展した女性用をベースにしているが、男性は下着の中で尿の出口が動いてしまうのが特徴だ。製品の形は様々で、メーカーの試行錯誤の跡がうかがえる。

 ユニ・チャームは尿の吸収量別に20ccから200ccまで4種類をそろえ、現時点でシェア1位。幅広い扇形を前に装着するのは、陰茎の動きをカバーするためだ。同社の調査では、尿漏れに悩む男性は女性用で代用したり、ちり紙・ハンカチで対処したりしていた。昨春の発売後1年で市場規模は3倍に拡大。「いずれ男子トイレにも汚物入れが置かれるのが当たり前になってほしい」と期待する。

(商品写真提供=ユニ・チャームいきいき生活

 花王は吸収量50ccで長さが36センチあり、「1枚で夜までOK」と安心を強調する。今年10月には、男性がより買いやすいようにとパッケージのデザインを改良し、機能の情報も加えた。男性の4割は通販で購入している。店頭で買う人の7割は女性で、家族などが代理で買っているとみられるという。

(商品写真提供=ケンコーコム

 白十字は、生理用品のようなシート型でなく、男性器を包み込む袋形状で安心感をアピールする。

(商品写真提供=ケイポート楽天市場店

尿漏れ、病気の場合も

 男性の軽度尿失禁はセルフケアで症状を改善できるケースがある。愛知県の小牧市民病院排尿ケアセンター部長の吉川羊子医師は「陰のうの付け根から尿道の先へ圧迫しながら絞り出す『ミルキング』という動作には、尿道にとどまった尿を外へ出し切る効果がある」と助言する。

 さらに、排尿障害に悩む女性と同じように「骨盤底筋トレーニング」を勧める。男性の場合、排尿を途中で止めるイメージで5秒間、筋肉を締める。今度は5秒間かけてゆっくりと緩める動作を繰り返す。これで1回と数え、8~10回1セットで朝昼晩など、それぞれ2、3セットずつ続ける。3カ月ほどで効果を実感できる人が多いという。

 一方、東京都リハビリテーション病院の鈴木康之副院長(泌尿器科)は、尿漏れに深刻な病気が潜んでいる場合があると注意を促す。

 尿漏れの一種である「溢流性(いつりゅうせい)尿失禁」は尿を出せずに膀胱(ぼうこう)に残る大量の尿があふれ出す現象で、放っておくと命に関わることがある。膀胱内の尿が細菌に感染し、それが尿管から腎臓へ逆流すると腎盂(じんう)腎炎を起こし、腎不全の原因にもなる。目に見える血尿は、膀胱がんや結石が原因であることが少なくない。

 「尿が赤い場合や白濁していた場合は泌尿器科を受診して。尿漏れの原因はさまざまで、肥満や前立腺がん手術が関係していることもある」と話している。(高橋美佐子)


(商品写真提供=ボニータ・アキオ 楽天市場店


頻尿対策してますか?

会議中の不安も解消!ノコギリヤシでスッキリサポート

a1640_000332
なんだか、トイレが近い・・・
残尿感がある・・・
尿漏れしてズボンが汚れてしまった・・・
夜中に何度も目が覚める・・・
旅行に出掛けても先ずはトイレの場所を探してしまう・・・

一昔前は、女性特有の悩みだった頻尿や尿漏れですが、
最近では、メディアなどにも男性の頻尿や尿漏れが取り上げられるようになりました。

実際、急にそういう症状の方が増えたの?と言えば、そういうわけではなく、
ようやく、そういった男性の悩みを真剣に取り扱ってくれるようになった・・・ということでしょう。

会議中や旅行といった特別な瞬間だけでなく、
寝不足になるほどの夜中 何度も目が覚めてしまう頻尿や、
ズボンに染みができるほどの残尿からくる尿漏れには困ってしまいます。

頻尿や残尿感のせいで、ゴルフや旅行といった楽しみや、
今まで好きだった色目のファッションが出来なくなるのは勿体無いと思います。
(ズボンなどは染みが出来ても気づかれにくい黒などが増えますよね?)

最近では、男性専用の尿漏れ対策商品も多数販売されています。

もし、あなたが頻尿や残尿感のせいで人生を楽しめていないのでしたら、
当サイトであなたに合った対策商品を探してみませんか?

トイレの悩みに、ノコギリヤシ+クラチャイダム




頻尿・残尿感にはノコギリヤシサプリがおススメです!

20130612150334-52S
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       「近い…」「キレが悪い…」
   中高年男性のトイレの悩みにはノコギリヤシ!!

    +++ 夜中も快適!スッキリサポート♪ +++

    【【 ノコギリヤシ+クラチャイダム 】】
トイレの悩みに、ノコギリヤシ+クラチャイダム

——————————————————

会議や旅行、外出中でも安心!ノコギリヤシでスッキリ生活

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■